バナー

テレビ会議の仕組みについて

テレビ会議は2つの仕組みで成り立っています。


ひとつは映像を扱う仕組み、もう1つは同期をとる仕組みです。

テレビ会議の初期にはビデオカメラを装備した専用ハードウエアを電話回線につないで一対一で会議が行われました。

今すぐ見つかる今すぐ見つかるWeb会議比較サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

専用ハードウエアはカメラで映像を撮ると圧縮をして電話回線を通し、相手のハードウエアと映像を同期させます。

ビジネス視点でAll Aboutを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

映像が転送するのに時間がかかることも多かったので遅延が起きたり、フレームレートが少なくなる、そして、それでも転送できない時には音声のみの会議となることも多かったようです。



そして、現在では電話回線ではなく、インターネット回線が利用されます。
テレビ会議システムはクラウドにあるサーバに接続して会議を行う方式に変わってきています。

クラウドを利用する仕組みの場合はパソコンで会議を行います。

映像はUSBカメラやパソコンにビデオカメラを装着させて行います。

現在の多くのノートパソコンに内蔵されているカメラでも参加可能です。


映像をカメラから取り出すとパソコンはアプリケションを利用してサーバと同期を取ります。


サーバ側では受け取った映像を接続している各々のパソコンに送る仕組みです。

一対一のテレビ会議から多地点での会議が気軽にできるので多くの企業で採用が進んでいます。

ただし、専用ハードウエアと電話で会議を行っていたのとは違い、接続数に応じた月額料金、もしくは従量課金が行われますのでコスト面ではランニングコストが必要となります。